[新刊] よいひかり / 三角みづ紀

型番 MM00201
販売価格 1,400円(税込1,540円)
購入数

[新刊] よいひかり / 三角みづ紀

第1詩集で中原中也賞を受賞、その後、史上最年少で萩原朔太郎賞を受賞するなど、常に詩の最前線に立つ、三角みづ紀。
第7詩集となる本書のために1カ月滞在をしたベルリンの町での生活が描かれます。

- - - - - - - - - - - - - - -

とびきり心が揺さぶられたときではなく、
自分という存在が沈黙したときに詩を書いているのだろう。
自分という存在が息をひそめてようやく、
あたり一面に詩があふれていることに気づくのだと考えて、
生活や日常の詩集をつくりたいと思った。

「あとがき」より

- - - - - - - - - - - - - - -

「トースト」「鋏」「ブランケット」「手袋」「傘」……
生活のひとつひとつにそそがれたひかりにふれる一冊。

デザイナー・服部一成による装丁が、詩編を美しく束ねています。

------

三角みづ紀(みすみ・みづき)
詩人。1981年鹿児島県生まれ。東京造形大学在学中に詩の投稿をはじめ、第42回現代詩手帖賞受賞。第1詩集『オウバアキル』にて第10回中原中也賞を受賞。第2詩集『カナシヤル』で南日本文学賞と歴程新鋭賞を受賞。書評やエッセー執筆、詩のワークショップもおこなっている。朗読活動を精力的に続け、自身のユニットのCDを2枚発表し、スロベニア国際詩祭やリトアニア国際詩祭に招聘される。2014年、第5詩集『隣人のいない部屋』で第22回萩原朔太郎賞を史上最年少受賞。現在、雑誌『ユリイカ』と南日本新聞で詩の投稿作品の選をつとめている。美術館での言葉の展示や作詞等、あらゆる表現を詩として発信している。

------

サイズ:18.2 x 12.8cm
判 型:128ページ 、ハードカバー
発 刊:ナナロク社 (2016/8/30)
装 画:さとうさかな
装 丁:服部一成


  •  └ 新入荷情報などお届け致します。

名前で探す

Other page