[新刊] アルテリ 十一号 / アルテリ編集室(橙書店)

型番 AT00111
販売価格 1,000円(税込1,100円)
購入数

アルテリ 十一号 / アルテリ編集室(橙書店)

「熊本から雑誌を出そう。」と渡辺京二さんの一言で、
熊本にゆかりのある作家や、文学を衰退させたくないという
思いを持つ者たちが集まり、雑誌『アルテリ』をつくりました。
「アルテリ」とは、「職人の自主的な共同組織」を意味する言葉。

文芸誌『アルテリ』の編集室でもある橙書店。
店主が編集長を務める『アルテリ』には思想史家・渡辺京二をはじめ、
熊本の石牟礼道子、坂口恭平という
生命にみちたことばの発信者たちの寄稿や作品を掲載。

沈黙をめぐる三つの断章 / 佐々木幹郎
畑猫 / 坂口恭平
多重露光 / 川野太郎
石牟礼道子日記について / 渡辺京二
日録 / 石牟礼道子
新しい場所 / 田尻久子
農民への深い共感 中村哲と火野葦平/ 福元満治
浦野さんの話 / 吉本由美
犬を送る / 小野由起子
山の時間 / 磯 あけみ
水の道 / 浪床敬子
ねんかかって/水路 / 水野小春

------

田尻久子(たじり・ひさこ)
1969 年熊本県生まれ、熊本県在住。橙書店・オレンジ店主。『アルテリ』責任編集者。会社勤めを経て01 年喫茶店orange を、08 年橙書店を開店。16 年熊本発の文芸誌『アルテリ』を創刊。17 年第39 回サントリー地域文化賞受賞。著書に『猫はしっぽでしゃべる』(ナナロク社)がある。

------

書 名:アルテリ 十一号
挿画:黒田征太郎
デザイン:大畑広告準備室
編 集:田尻久子
判 型:四六判 172ページ 、ソフトカバー
発 刊:2021年2月22日
出版社:アルテリ編集室(橙書店)


  •  └ 新入荷情報などお届け致します。

名前で探す

新着商品

Other page