[CD] meditation in the shelf / Sakanoshita Norimasa(雨と休日)

型番 QSGM-002
販売価格 2,200円(税込2,420円)
購入数

[CD] meditation in the shelf / Sakanoshita Norimasa(雨と休日)

「穏やかな音楽を集める」というコンセプトのCDショップ、
雨と休日さんが、12周年で制作された記念CDです。

雨と休日のロングセラーアーティストのひとり、坂ノ下典正。
中でも店主お気に入りの『Meditation』というミニアルバムの
ループエフェクトを使ったエレクトリック・ギターの即興をベースとした作品で、
その技術性、マニア度、出来上がった音の佇まい、
どれを取っても坂ノ下典正の個性が発揮された、彼にしか作れないサウンド。

長年、この路線の新しい作品を作って欲しいと思っていた
店主の想いが作品になった『Meditation』の続編的作品。


01. 1004 Cmaj-Gmaj midwaltz 
02. 1227 tuning harmonics
03. 1004 Dmaj ambient mosteffected 
04. 1227 Gmaj-Fmaj rubato
05. 1116 Emaj slowtempo 
06. 1227 tuning Gmaj 
07. 1227 Eflat-Aflat slowtempo 
08. 1227 Gmaj-Fmaj ambient
09. 1026 Amaj-Am midtempo 
10. 1116 Gmaj ambient
11. 1026 Cmaj midtempo



コメント:小林和人 Roundabout/OUTBOUNDオーナー
ジャケットデザイン:松田洋和

ボーナストラックとして、アルバムには収録できなかった録音の中で坂ノ下典正が特に思い入れのあるという1曲「1004 composition misujinohikari」を聴くことができるダウンロードクーポンを封入しています。

total playing time: 61:16
レーベル 雨と休日

ametokyujitsu · Sakanoshita Norimasa / 1227 Eflat - Aflat Slowtempo [excerpt]



▽以下、雨と休日さんより
八王子の雨と休日店舗内で、秋から冬のはじめにかけて録音をしました。休業日に数
回にわたって録音をおこない、春ほどではないものの鳥の鳴き声も多く聞こえた中での録音で、ギターの音と外から聞こえる自然音を同時に取り込んだ、アトモスフェリックな作品になりました。

外から聞こえる鳥の声も(店主の)業務中の雑音も、心地よい効果音になっています。


◎ 坂ノ下典正(さかのしたのりまさ Sakanoshita Norimasa)

1976年生まれ。
音楽の基礎にと, 幼少時からピアノの習得を勧められる。
高校でクラシックギターに触れ, セゴビアやタレガなどの近代音楽に傾倒。
大学時にジャズや即興音楽に触れ, ライブ活動を開始。
卒業後拠点を東京に移し, ジャズ, ボサノヴァ, ポップス, 即興など多種多様なジャンルで演奏。
映像や絵画, 舞踏, 朗読, 料理など, 他表現とのコラボレーションも多く行う。
東京アートシーンで活動中の"Echostics"名義では, 作曲・アレンジを担当。
雑誌"ecocolo"主催の"WordsGarden",
Art Re-public Tokyo主催の"創造公園渋谷”, ドキュメンタリー映画祭"DOCU Memento"など, 多数アート系イベントに参加。
7弦ギターでの演奏を基軸に, 都内に留まらず, 全国各地で活動中。
———–
Sound of Kula, haruka nakamura LABO, 松村拓海Duologue, n umaとの共同作品, 畠山美由紀15th anniversary live, BEAU PAYSAGE CD Bookなど, 多数レコーディングセッションに参加。
TVやFMを始め, 各地の居心地良い場所・環境で楽曲が使用されている。

https://sakanoshita-norimasa.tumblr.com/


  •  └ 新入荷情報などお届け致します。

名前で探す

新着商品

Other page